知ってるつもり? 語学書というジャンル
2020.08.20

語学書と学習参考書ってどう違う?

 いまやどこの書店でも見かけるようになった語学書コーナー。このジャンルが新設され、普及したのは1990年ごろです。それまでは語学書は学習参考書コーナーに置かれていました。学習参考書(学参)コーナーには主に学生さんのための教材が並びます。これは今でも同じです。CM「馬のマークの参考書~♪」で有名な受験研究社などはみなさんもご存じでしょう。
 80年代後半から国際化のブームが静かに起こりました。1989年に石原慎太郎氏の『NO(ノー)」と言える日本』、1990年に大前研一氏の『ボーダレス・ワールド』がともにヒットしました。そのような中で英語がビジネスツールとして考え直されます。この時期に明日香出版社から『中学3年分の英語を3週間でマスターできる本』が発行されました。「ビジネスマンが学びなおしに読むかもしれない」と言って書店さんは話題書で平積みくださいました。これが当たりました。さらに他社からも類書が相次ぎ、「ビジネスマンのための英語書」は書店内でその地位を獲得するようになります。

(初版から31年経った今も現役。総発行部数43万部の大ヒット)

 

ここからはスルスルと語学書ジャンルは伸びます。「海外旅行、出張のための諸外国語本も語学書だ」「TOEICは就活寄りだから語学だ」「じゃ、TOEFLや留学書、英検もだね」とあちこちから本が集まり、大きな場所を獲得するようになります。棚の位置も見直され、それまで学参の隣にあったのがビジネス書の隣まで移動され、ますますビジネスマンが手に取る機会が増えました。そして今や語学書は書店内で市民権を得るに至りました。
 ここが絶対という固定位置はありません。時代とともにお客さんの導線は変化し、それを発見し、工夫したお店が先に売れを出すのです。
 最近は国内に外国人の姿も多くなりました。コンビニの店員さんは外国人ばかりです。彼らにとって日本語勉強本は欲しいけど高額で高嶺の花です。出版社の皆さん、1,000円くらいで日本語学習の本、出せませんか?

 

記事一覧
知ってるつもり? 語学書というジャンル
2020.08.20

語学書と学習参考書ってどう違う?

 いまやどこの書店でも見かけるようになった語学書コーナー。このジャンルが新設され、普及したのは1990年ごろです。それまでは語学書は学習参考書コーナーに置かれていました。学習参考書(学参)コーナーには主に学生さんのための教材が並びます。これは今でも同じです。CM「馬のマークの参考書~♪」で有名な受験研究社などはみなさんもご存じでしょう。
 80年代後半から国際化のブームが静かに起こりました。1989年に石原慎太郎氏の『NO(ノー)」と言える日本』、1990年に大前研一氏の『ボーダレス・ワールド』がともにヒットしました。そのような中で英語がビジネスツールとして考え直されます。この時期に明日香出版社から『中学3年分の英語を3週間でマスターできる本』が発行されました。「ビジネスマンが学びなおしに読むかもしれない」と言って書店さんは話題書で平積みくださいました。これが当たりました。さらに他社からも類書が相次ぎ、「ビジネスマンのための英語書」は書店内でその地位を獲得するようになります。

(初版から31年経った今も現役。総発行部数43万部の大ヒット)

 

ここからはスルスルと語学書ジャンルは伸びます。「海外旅行、出張のための諸外国語本も語学書だ」「TOEICは就活寄りだから語学だ」「じゃ、TOEFLや留学書、英検もだね」とあちこちから本が集まり、大きな場所を獲得するようになります。棚の位置も見直され、それまで学参の隣にあったのがビジネス書の隣まで移動され、ますますビジネスマンが手に取る機会が増えました。そして今や語学書は書店内で市民権を得るに至りました。
 ここが絶対という固定位置はありません。時代とともにお客さんの導線は変化し、それを発見し、工夫したお店が先に売れを出すのです。
 最近は国内に外国人の姿も多くなりました。コンビニの店員さんは外国人ばかりです。彼らにとって日本語勉強本は欲しいけど高額で高嶺の花です。出版社の皆さん、1,000円くらいで日本語学習の本、出せませんか?

 

記事一覧