出版社のお仕事【POP製作】
2020.08.25

書店のPOPって誰が作ってるの?

 

それは書店と出版社です。取次会社が作ることもあります。量的に一番多いのが出版社製作ものです。あまりにも多いのでかえってゴミになるので困る、少なくしてほしいと書店からクレームをもらうことがあります。でも、お話をよく聞いていると必要なPOPもあるとのこと。どういうことでしょうか?書店さんに聞いてみました。
先に、捨てられやすいPOP上位は下記のようです。

✖本の内容がみっちりの文字だらけのPOP(著者、編集者作成に多く、文字が小さくて読めない)
✖本のカバーを訴えるもの(前に本があるので表紙画像は意味なし)
✖ありきたりのPOP(工夫も訴求性もなし。単に作っただけ)
 
POPはおもに出版社の営業部が作っています。売上を伸ばしたい商品に絞ってPOPを検討するのですが、その時に気を付けることは下記です。

◎お客さんの足を止める役割を果たしているか
◎タイムリーなキャッチコピーになっているか
◎誰に読んで欲しいかわかるものか

実はこれが書店に求められるPOPなのです。手描きPOPも人気ですが、量産できないので親しい書店さんだけに配る限定ものとなります。検討が終わったらラフを作り、パソコンで製作。その後POPラックに収納されます。

 

書店から受注したら書籍は搬入手続きをしますが、POPは郵送手続きに入ります。間違いのないように注文書ごとにPOPを確認して封入されます。こうしてめでたく店頭での展開になります。

    

POPは出版社と書店での商談の中から選ばれて書店へ運ばれます。POPと言えども真剣勝負の世界です。
あ、著者の手書きPOPはかなり有効です。もし作られるときは出版社へご相談くださいね!


記事一覧
出版社のお仕事【POP製作】
2020.08.25

書店のPOPって誰が作ってるの?

 

それは書店と出版社です。取次会社が作ることもあります。量的に一番多いのが出版社製作ものです。あまりにも多いのでかえってゴミになるので困る、少なくしてほしいと書店からクレームをもらうことがあります。でも、お話をよく聞いていると必要なPOPもあるとのこと。どういうことでしょうか?書店さんに聞いてみました。
先に、捨てられやすいPOP上位は下記のようです。

✖本の内容がみっちりの文字だらけのPOP(著者、編集者作成に多く、文字が小さくて読めない)
✖本のカバーを訴えるもの(前に本があるので表紙画像は意味なし)
✖ありきたりのPOP(工夫も訴求性もなし。単に作っただけ)
 
POPはおもに出版社の営業部が作っています。売上を伸ばしたい商品に絞ってPOPを検討するのですが、その時に気を付けることは下記です。

◎お客さんの足を止める役割を果たしているか
◎タイムリーなキャッチコピーになっているか
◎誰に読んで欲しいかわかるものか

実はこれが書店に求められるPOPなのです。手描きPOPも人気ですが、量産できないので親しい書店さんだけに配る限定ものとなります。検討が終わったらラフを作り、パソコンで製作。その後POPラックに収納されます。

 

書店から受注したら書籍は搬入手続きをしますが、POPは郵送手続きに入ります。間違いのないように注文書ごとにPOPを確認して封入されます。こうしてめでたく店頭での展開になります。

    

POPは出版社と書店での商談の中から選ばれて書店へ運ばれます。POPと言えども真剣勝負の世界です。
あ、著者の手書きPOPはかなり有効です。もし作られるときは出版社へご相談くださいね!


記事一覧