自費出版と企業出版をアスカで出版することのメリット
2021.10.12

アスカ・エフ・プロダクツが行う自費出版の取り組みについてご説明します。

自費出版と言っても各社それぞれ取り組み方が違います。

ここに掲げる内容は弊社が行うことができる事を上げさせていただきます。

 

【発売は明日香出版社です】

製作は弊社で行いますが、発売は書店と長年の取引実績がある老舗版元の明日香出版社となります。従いまして、カバーにも明日香出版社のロゴが入ります。

また、書店およびeコマース(Amazon、楽天など)への販売促進活動も明日香出版社の営業部にて行います。

 

【明日香出版社の営業部が書店で販促活動を行います】

弊社グループの最大の売りは「営業力」です。明日香出版社は全国約2,000軒の書店と日々コンタクトを取り、丁寧な販促活動を行っております。書店の担当者さんから信頼を得ており、有力書店でも商品に相応しい場所に陳列していただいています。既刊本に関しても時節にあわせて平積みの再提案などを行います。平積み商品にはPOPをつけてより売れるようにします。著者の方々からは「本当に明日香さんはどこに行ってもよく並んでいるね!」とご好評を頂いています。

 

【取扱いジャンルはビジネス書・語学書・その他多数です】

明日香出版社が発行するビジネス書・語学書・その他多数のジャンルを扱っております。

弊社は1点1点大切に書籍を書店さんで販売してまいります。発行を希望される書籍が弊社の得意ジャンルでない場合には、無責任な商品を発行することはできないので、お断りさせていただくこともあります。

それが信頼の証になるものと考えています。

 

【書籍の製作費用について】

弊社は私ひとりの会社です。それゆえ、過分な経費は不要で安い製作費でお受けすることが可能となっています。一般的に300万円以上というケースが多いのですが、アスカ・エフ・プロダクツでは製作費や出版後の書店フォロー、在庫管理も含めて250万円(税込)という低価格でご用意しています。

 

【より丁寧な校正を行います。】

校正作業は著者と編集者と外部の協力も得てより丁寧にブラッシュアップを行います。

 

【販売とメンテナンスを行います】

「書店では自費出版のコーナーで陳列になるのですか?」というご質問もいただきます。書籍は商業出版と扱いは全く同等です。ビジネス書はビジネス書コーナーに並びます。自費出版のコーナーを持つ書店様もありますが、この棚へいらっしゃるのは著者のお知り合いだけです。より多くの人に手にとってもらえるよう販促活動を行います。

 

【ネット・図書館でも扱いとなります】

書店以外ではネット書店です。Amazon、楽天からも購入が可能です。

また、国会図書館にも納本されます。

 

【1日限りの広告より出版の方が効果的です】

ブランディング効果を新聞広告に期待される企業様は多いですが、広告の狭いスペースで企業様の良さを十分に伝えるには限界があります。またその効果もまちまちです。

費用面でいえば、日経新聞の半5段広告は一般的に400万円近くかかり、しかも掲載日は1日限りです。書店で長期に並べられ、貴社の良さを数百ページでしっかり訴求できる書籍の方が断然効果的です。また、書籍広告は通常の広告より安価で行うことができます。自社の出版物があることで、安価な広告を打つことが可能になります。ご希望であればご案内させていただきます。

 

【文章が書けない場合】

「話すことは得意だが、文書を書くには苦手だ」「本業が忙しくて文章を書いている時間がない」と言われる方もあります。そういう場合はライターによる原稿作成も可能です。

GAFAに匹敵する会社社長の専属ライターなど実績のある方をご紹介します。

 

【書籍と同時に電子書籍を作りたい】

オプションで電子書籍を製作します。Amazonにアップし、kindleでの販売も可能です。

スマホの電子書籍アプリで閲覧可能なPDFデータもご用意します。

セミナーで講義されるときやブログで著書の解説をされるときなどにご活用いただけるようにしています。

記事一覧
自費出版と企業出版をアスカで出版することのメリット
2021.10.12

アスカ・エフ・プロダクツが行う自費出版の取り組みについてご説明します。

自費出版と言っても各社それぞれ取り組み方が違います。

ここに掲げる内容は弊社が行うことができる事を上げさせていただきます。

 

【発売は明日香出版社です】

製作は弊社で行いますが、発売は書店と長年の取引実績がある老舗版元の明日香出版社となります。従いまして、カバーにも明日香出版社のロゴが入ります。

また、書店およびeコマース(Amazon、楽天など)への販売促進活動も明日香出版社の営業部にて行います。

 

【明日香出版社の営業部が書店で販促活動を行います】

弊社グループの最大の売りは「営業力」です。明日香出版社は全国約2,000軒の書店と日々コンタクトを取り、丁寧な販促活動を行っております。書店の担当者さんから信頼を得ており、有力書店でも商品に相応しい場所に陳列していただいています。既刊本に関しても時節にあわせて平積みの再提案などを行います。平積み商品にはPOPをつけてより売れるようにします。著者の方々からは「本当に明日香さんはどこに行ってもよく並んでいるね!」とご好評を頂いています。

 

【取扱いジャンルはビジネス書・語学書・その他多数です】

明日香出版社が発行するビジネス書・語学書・その他多数のジャンルを扱っております。

弊社は1点1点大切に書籍を書店さんで販売してまいります。発行を希望される書籍が弊社の得意ジャンルでない場合には、無責任な商品を発行することはできないので、お断りさせていただくこともあります。

それが信頼の証になるものと考えています。

 

【書籍の製作費用について】

弊社は私ひとりの会社です。それゆえ、過分な経費は不要で安い製作費でお受けすることが可能となっています。一般的に300万円以上というケースが多いのですが、アスカ・エフ・プロダクツでは製作費や出版後の書店フォロー、在庫管理も含めて250万円(税込)という低価格でご用意しています。

 

【より丁寧な校正を行います。】

校正作業は著者と編集者と外部の協力も得てより丁寧にブラッシュアップを行います。

 

【販売とメンテナンスを行います】

「書店では自費出版のコーナーで陳列になるのですか?」というご質問もいただきます。書籍は商業出版と扱いは全く同等です。ビジネス書はビジネス書コーナーに並びます。自費出版のコーナーを持つ書店様もありますが、この棚へいらっしゃるのは著者のお知り合いだけです。より多くの人に手にとってもらえるよう販促活動を行います。

 

【ネット・図書館でも扱いとなります】

書店以外ではネット書店です。Amazon、楽天からも購入が可能です。

また、国会図書館にも納本されます。

 

【1日限りの広告より出版の方が効果的です】

ブランディング効果を新聞広告に期待される企業様は多いですが、広告の狭いスペースで企業様の良さを十分に伝えるには限界があります。またその効果もまちまちです。

費用面でいえば、日経新聞の半5段広告は一般的に400万円近くかかり、しかも掲載日は1日限りです。書店で長期に並べられ、貴社の良さを数百ページでしっかり訴求できる書籍の方が断然効果的です。また、書籍広告は通常の広告より安価で行うことができます。自社の出版物があることで、安価な広告を打つことが可能になります。ご希望であればご案内させていただきます。

 

【文章が書けない場合】

「話すことは得意だが、文書を書くには苦手だ」「本業が忙しくて文章を書いている時間がない」と言われる方もあります。そういう場合はライターによる原稿作成も可能です。

GAFAに匹敵する会社社長の専属ライターなど実績のある方をご紹介します。

 

【書籍と同時に電子書籍を作りたい】

オプションで電子書籍を製作します。Amazonにアップし、kindleでの販売も可能です。

スマホの電子書籍アプリで閲覧可能なPDFデータもご用意します。

セミナーで講義されるときやブログで著書の解説をされるときなどにご活用いただけるようにしています。

記事一覧